サイトメニュー

ネット予約はとっても簡単

医者

エラや脂肪の改善に最適

殆どの美容外科では小顔になる方法を色々提供していますが、休みを取れない人でも受けられると評判なのが、注射によるプチ整形です。この小顔になる方法にもエラを抑えるボツリヌス菌由来の注射施術や、贅肉を落とす脂肪溶解注射があり、どちらもネットを使えば簡単に予約できます。ネット予約は、クリニックのオフィシャルサイトに用意されている専用フォームから行うのが一般的です。クリニックにより多少異なりますが、診察券番号を入力できる場合が多いので、かつて利用したことがある場合は、診察券をお手元に準備しておくと良いでしょう。そして、メールアドレスの登録が求められる場合は、美容外科からのメールを受け取れるようにアドレスを入力しておきます。同時に電話番号も入力することがありますが、クリニックから連絡があるかもしれないため、日中に応答しやすい番号を記入してください。もしも通信欄があれば質問などを自由に書けますから、要望がある場合は遠慮なく入力しておきましょう。また、切開を伴わない小顔になる方法でも、未成年が治療を受ける時は保護者の同意が必要なことが多いです。オフィシャルサイト上には大抵同意書が用意されているので、必要に応じてプリントアウトし、保護者に署名捺印などをしてもらっておきましょう。基礎となる顔のサイズは骨格で決まりますが、咬筋という咀嚼筋の大きさも、フェイスラインのサイズに関わっています。下アゴと頬を結ぶ咬筋は、物を咬むことで鍛えられ、肥大すればエラが張って顔が大きくなってしまうのです。この場合、ボツリヌス菌由来の薬を注射するのが、小顔になる方法として最適であり、咬筋に打つことでエラの大きさをサイズダウンできます。具体的には脳から発せられる行動指令を咬筋が受け取らないようにして、咬む時に咬筋を使わなくする治療です。動かさない筋肉は徐々にしぼみますから、大きなエラも次第にサイズダウンして小顔になります。またこの小顔になる方法は、4か月以上空ければ追加治療も可能となっており、5回前後リピートすれば、長期間小顔を維持できるのが基礎知識です。その理由は、一旦寝たきりになって足腰が衰えれば、筋肉が太くなり難いのと似ています。そのほか、脂肪溶解注射で顔の贅肉を落とす際は、小顔専用の薬剤を使用するのがおすすめです。通常の脂肪溶解剤とほぼ同じ効果を持ちながら、施術後の炎症が抑えられており、翌日には目立つ腫れも殆ど引くなど、マスクをしなくても出掛けられます。わずかな贅肉を取るのなら1回の施術でも効果がありますが、平均的な治療回数は3回から4回、といったことを豆知識として覚えておくと良いかもしれません。