サイトメニュー

看護師

クリニックと言う選択肢

小顔になる方法は非常に多いですが、自分に適した方法でないと効果は低くなります。自分で顔が大きく見える要因を的確に調べる事は困難であり、それを的確に調べてくれて施術してくれるのが、美容整形外科クリニックです。

詳しく見る

医者

ネット予約はとっても簡単

休みが取れない人にピッタリな小顔になる方法も、各美容外科のオフィシャルサイトから簡単に予約できます。エラの大きさを改善したいならボツリヌス菌由来の注射治療、そして贅肉を落として小顔にしたいなら、顔専用の脂肪溶解注射を受けるのが基本です。

詳しく見る

女性

たるみが原因の人は多い

美容クリニックでは小顔になる方法を色々と用意しています。顔が大きくなった原因がたるみであれば、ラジオ波治療やリフトアップ治療が適します。即効性があり持続期間が長いのは、後者です。他に治療はボツリヌストキシン注射や脂肪溶解注射などがあります。

詳しく見る

顔に触れる女性

医師にアドバイスを仰ぐ

小顔になる方法は幾つもあるので、カウンセリングで自分に合う方法をアドバイスしてもらってください。難易度の高い骨切り手術を希望している人は、症例数が多く、各領域で専門医の知識を持っている医師を探すのが手っ取り早い方法です。

詳しく見る

バランスの良い小顔になる

ボディ

術後のケアを念入りに行う

美容整形で小顔になる方法にはさまざまな種類があります。顔にメスを入れなくても小顔になる方法も選択でき、外科手術に抵抗感を感じる方でも気軽に施術を受けることができます。美容皮膚科や美容クリニックで行われている小顔治療は、顔を大きく見せている原因の脂肪や発達した筋肉を取り除く治療です。理想的な横顔のラインであるEラインに沿って施術を行うので、バランスの良い小顔治療が受けられるという特徴があります。丸顔や二重あご、エラ張り顔など、小顔に見えない原因は人それぞれ違うので、悩みに適した治療法を選択することが必要です。老化による皮膚のたるみでフェイスラインが崩れている場合は、高周波によるリフトアップ施術が行われています。肌の細胞を活性化させることで、肌を引き締め、二重あごやほうれい線を改善することができます。がんばって減量に励んでも顔だけ痩せられないという経験をした女性も多いでしょう。ダイエットでも落とせない顔の脂肪を取り除く場合は脂肪溶解注射治療が行われます。取り除きたい部分を狙って治療できるので、あご周りや頬といった部分痩せが可能な治療法です。あご周りの筋肉が発達していると、エラが張った大きな顔に見えてしまいます。筋肉が原因の場合は筋肉の動きを弱める作用のあるボトックス注射治療が行われます。筋肉を動かさずにいるとエラの部分が痩せてくるので、小顔効果を得ることが出来ます。クリニックで小顔になる方法にはむくみを解消したり、脂肪や筋肉を注射で除去したりするといった方法があります。悩みのタイプ別に効果的な治療法が変わるため、医師としっかりと相談して治療法を決めることが大切です。美容整形で小顔になる方法は骨格形成術や脂肪吸引といった外科的手術もありますが、メスを使わない手軽なプチ整形を選択する方が多いです。プチ整形はメスを使う外科手術と違い、一定の期間が経つと効果が徐々に落ち着いてきます。施術の種類にもよりますが、数か月〜半年ほどの間隔を空けながら、数回の施術を継続させることで効果が出てきます。その都度治療費がかかることになるので、トータルにかかる費用を計算してから施術の申し込みをするようにしましょう。施術を受けた後はそれで終わりではなく、適切なアフターケアを行うことで、効果を長持ちさせることができます。例えば、たるみを解消するリフトアップ施術を受けた後は、肌の保湿などのケアを怠ると、またたるみが生じてしまい、せっかくの施術も台無しになってしまいます。たるみを予防するケアを日常的に念入りに行うことで肌の状態を維持することができます。また、医師から告げられた注意事項を守ることも大切です。施術によっては通院治療が必要な場合もあるので、医師の指示に従ったアフターケアを行うようにしましょう。